ごあいさつ・プロフィール

「税理士業務の神髄は全て資産税に集約される」というのが私の信条です。資産税とは、一般的に相続の際に課される相続税、生前贈与の際に課される贈与税、不動産などを売却した際に課される譲渡所得税など、主に個人資産に関して課される税金を総称した概念をいいます。

税理士の業務といえば通常、事業を行う株式会社や個人事業主の月次顧問・決算業務などが連想されますが、これらは結局のところ代表者様の引退あるいは突然の死を想定し、長期的なライフサイクルの視点をもってアドバイス差し上げるべきものであります。後継者あるいはご家族に対して,如何にして円滑に財産等を承継せしめるか。その長期的視野に基づき代表者様に寄り添わなければ、最良のアドバイスを差し上げることはできません。そのためには資産税の知識・経験は必須であります。

また、会社経営や事業を行っていないサラリーマン家庭においても、資産税は決して無縁な世界ではありません。子や孫に対する生前の財産移転においては常に贈与税の負担リスクが付きまといますし、相続税課税の強化が叫ばれている昨今、基礎控除額の縮小や生命保険金非課税枠の厳格化などにより、相続税の存在が皆様にとってますます身近なものになりつつあります。

私はそのような社会状況を鑑み、そして上記信条に基づき、常日頃からお客様に最良の資産税業務を提供すべく研鑽を重ねて参りました。そして平成21年には相続特化ワンストップサービスの提供を開始し、他の資格者(弁護士・司法書士など)と密接に連携することによって、より高品質かつ利便性の高いサービスを提供すべくインフラの整備を整えてきました。かつ実務の経験も着実に積み重ね、我が業界においては1事務所あたり数年に一度あるかないか、と言われる相続税の申告業務を、年間10数件手掛けるようになりました。これは個人事務所としては異例の実績であり、その実務経験レベルは他の追随を許さないレベルに達していると自負しております。

そして平成24年1月、大通駅徒歩1分の好立地ビルにおいて、弁護士法人・司法書士法人と共に同一フロアにて完全ナルワンストップサービスを提供し得る環境が整いました。資産税の業務は、税だけで完結するものではありません。相続人同士の争い、不動産の名義変更、遺言、成年後見や任意後見など、幅広い業務をこなす必要があります。そのためには複数の専門家が一堂に集い、一ヵ所で全て問題に対処する体制を構築する必要があります。私たちは、今まさにその体制を構築しました。

このホームページをご覧の皆様、我が事務所(そして同一フロアに存する弁護士・司法書士の各法人)は、皆様に対して最良のサービスを提供すべく日々研鑽に励み、そして実務を粛々とこなしております。相続に関するご相談につきましては、初回30分の無料相談会を毎日開催しております。まずはお電話ください。そこからお客様の抱える問題を解決する糸口が見えてくるかもしれません。

職員一同、皆様のご来所をお待ち申し上げております。

経歴

昭和46年11月 北海道磯谷郡蘭越町にて生まれる(二人兄弟の長男)
平成2年3月 北海道立小樽潮陵高等学校 卒業
平成6年3月 中央大学経済学部国際経済学科 卒業
平成6年4月〜平成10年12月 株式会社北洋銀行・苫小牧支店にて勤務
平成11年1月〜平成19年6月 札幌市内の税理士事務所、監査法人等にて勤務
平成19年6月 税理士登録
平成19年7月 前島治基税理士事務所 開業
平成21年8月 行政書士登録、前島治基行政書士事務所 開業
平成22年12月1日 税理士法人ノースアクティブイノベーション 設立

保有資格・所属団体

ブログ・Facebook

ブログ「北のサクセス・ストーリー」 : http://ameblo.jp/sapporo-tax-accountant
Facebook : http://facebook.com/haruki.maejima  (※Facebookにログインしてご覧下さい。)

お問い合わせはこちら

北海道全域対応!

相続コラム

北海道障がい者就労支援プログラム「アクション」に参加しています

このページの先頭へ戻る