相続税

相続税は相続や遺贈等によって取得した財産が一定額を超えた場合にかかる財産で、統計的には相続が発生した方100人のうち4〜5人程度の割合でしか発生していません。ですから多くの方は相続税にはあまり縁がありません。しかしながら、自分の場合はかかるのか、かからないのかといった心配は誰しもおありのことと思います。

そこで「自分は大丈夫だろうか?」と心配な方のために、相続税の大まかな仕組みを確認しておきましょう。

相続税とは

相続税と聞いて心配なのは「うちは相続税がかかるのか、かからないのか」だと思います。
そこでどのような場合に相続税がかかるのかを確認しておきましょう。

相続評価額の算出

相続税がかかるのかかからないのかに最も大きな影響を与えるのが相続財産の評価です。
そこで代表的な評価方法を確認しておきましょう。

相続税対策の3つの視点

相続税対策は、大きく分けて節税対策・もめない対策・財源(納税)対策の3つに分けることができます。 そこで、相続税で慌てないように予めしっかりとした対策を立てておきましょう。

お問い合わせはこちら

北海道全域対応!

相続コラム

北海道障がい者就労支援プログラム「アクション」に参加しています

このページの先頭へ戻る