初回相談無料キャンペーン中!

 

税理士法人ノースブレーンが選ばれる3つの安心

相続税申告を専門にしているからこそ可能となるサービス

2015年1月に始まる相続税の課税強化で課税対象が拡大され、相続税の課税割合は4%台から6%台に増加するといわれています。これは、相続税の非課税枠(基礎控除)が縮小されることによるものです。
なお、今回の改正のポイントは以下の3つです。

@ 基礎控除額の引下げ

2015年1月1日以後の相続又は遺贈により取得する財産に係る相続税については、下表の「改正後」が適用されます。

  現 行 改正後
適用時期 2014年12月31日まで 2015年1月1日以降
定額控除 5,000万円 3,000万円
法定相続人
比例控除
1,000万円に法定相続人数を
乗じた金額
600万円に法定相続人数を
乗じた金額
A 最高税率の引上げ

下表のとおり、各所得分の金額2億円超の部分について見直しが行われます。相続税の最高税率は、50%から55%へと変わります。

B 小規模宅地特例の拡充

小規模宅地特例に関しては、高齢者世帯の増加に対応した納税者にとって有利な改正内容となっています。
また、「未成年者控除、障害者控除の控除額」「事業承継税制」「相続時精算課税制度など生前贈与税制」
等についても納税者有利な改正内容となっており、これらを最大限活用した節税対策の実施が重要です。

まずは、今回の改正で相続の対象となるか確認してみましょう。相続の事案は一つとして同じものはないため、相続税の申告は非常に難しい案件です。相続や贈与に関する相談は、相続税専門の経験豊かな税理士にお任せください。

お問い合わせはこちら

北海道全域対応!

相続コラム

北海道障がい者就労支援プログラム「アクション」に参加しています

このページの先頭へ戻る