事務所案内

名 称 税理士法人North Brain(登録番号2246)
(日本語表記:ノースブレーン)
代表社員 代表社員   前島 治基(まえじま はるき、登録番号108330)
沿革 H19年 7月  個人創業(前島治基税理士事務所)
H21年 1月  行政書士事務所併設(前島治基行政書士事務所)
H21年 8月  中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画承認
              (石商労第541-5号「相続特化ワンストップサービス業務の提供」)
H21年 8月  札幌駅前相続サポートセンター(www.sapporo-souzoku.com)開設
               相続に特化したワンストップサービスの提供開始
H22年12月  税理士法人ノースアクティブイノベーション設立
H23年 1月  事務所を現在の場所(南1西4 大手町ビル8F)に移転
              (弁護士・司法書士の各法人と同一フロアに在籍中)

※札幌駅前相続サポートセンター開設後の業務実績(一部抜粋)
相談件数(初回無料相談含む) 年間約700件
累計4000件超
注:上記は税理士業務に関するものを抜粋したものであり、相続財産の名義変更手続きなど行政書士業務に関するものは含まれておりません。
所在地 〒060-0061   札幌市中央区南1条西4丁目5番1号 札幌大手町ビル8階
(地下鉄大通駅(南北線・東西線・東豊線)10番出口から徒歩1分)
従業員数 11名
保有資格等(重複有り)
- 税理士    2名
- 社会保険労務士    1名
- 行政書士    1名
- 法学修士    1名
- MBA(経営学修士)    1名
- ATP(事業再生士補)    2名
- AFP    1名
- 2級FP    1名
- 知的財産管理技能士    1名
- TKCシステムOAコンサルタント    3名
- TKC上級実務試験合格者    1名
- TKC中級実務試験合格者    3名
TEL 011-222-5595
FAX 011-222-5596
URL

・税理士法人総合URL(http://www.sapporo-tax-accountant.com
・相続税専門URL(http://www.sapporo-souzokuzei.jp
・相続URL(http://www.sapporo-souzoku.com)
・遺言URL(http://www.sapporo-igon.com

関連法人 株式会社 North Brain Trust
(日本語表記:ノースブレーントラスト)
・経営コンサルティング業
・海外マッチングビジネスコンサルティング業

周辺地図

公共交通機関

・地下鉄大通駅(南北線・東西線・東豊線)10番出口から徒歩1分
・JR 札幌駅南口より徒歩15分

経営理念

顧客のために、地域のために、そして次世代のために

顧客のために・・・

税理士業務は、「独立した公正な立場において・・・(中略)・・・納税義務の適正な実現を図ることを使命とする(税理士法第一条)」という高い公共性を有するものではありますが、民間経済を担う一員としての第一義はあくまでも「サービス業」であります。顧客の利益追求そして財産権利保護のために、何をすべきか。これを日々考え、そして実践するのが最大の使命なのです。顧客の満足あってこそ、税理士冥利に尽きるというものです。税理士とは、税務官庁の出先ではありません。納税者の良きパートナーなのです。

地域のために・・・

上記「顧客のために」を拡大解釈するならば、それは即ち「我々自身そして顧客の存する『地域』のために」となります。地域全体の経済発展あってこそ、我々の商売は成り立つのです。自分さえ儲かれば良い、他者はどうなっても良い、という狭い了見では商売は大成しません。地域全体を見据えたバランス感覚が重要であります。地域の発展に資するという崇高な目標が自身の志を高め、そして商売を清めるのです。なお、ここで言う「地域」とは、狭義的には自身の属する市町村或いは同種業界を指し、広義的には日本国を指します。

次世代のために・・・

人間社会は、未来永劫続きます。我々が死んでも、なお続くのです。我々は上記「地域発展のため」崇高な商売を実践し続けることによって、この人間社会をより良い方向に向わせしめ、そして後に続く世代にバトンを渡す義務があります。我々は、常に「引き際」を考えながら仕事をしなければなりません。即ち、自身の培った「崇高な志」「匠の技」を如何にして次世代に伝えるか。これを日々考えながら働く必要があります。これぞ仕事人の本懐と言えましょう。

ロゴデザインのコンセプト

3つの円は、永続的な繁栄をスパイラル風なデザインとグラデーションによって表したものであり、クライアント様と当税理士法人がパートナーとしてうまくかみ合い、そして繋がり、さらには全てが円く収まる様を表現しています。

テーマカラーの「青色」は古代ローマの「哲学者(知を愛する学=哲学)」の衣装の色であり、ヨーロッパでは知性、高尚、知識階級や貴族を象徴する色に、青が多用されており、現在では「ブルーリボン賞」などがあります。また「平和」を示す色として、国際連合のシンボルカラーとしても使われています。

理念を達成するための経営ビジョン

『 全国有数レベルの高品質サービスの提供 』

上記ビジョンを達成するための具体的指針
(1)会計指針の遵守
税務基準によらない適切な会計基準「中小企業の会計に関する指針」を遵守し、財務内容の透明化を図ると共に金融機関からの資金調達円滑化に貢献します。
(2)租税正義の実現
「税理士法第33条の2の書面添付」推進により申告内容が適正である旨を「税理士生命を賭して」担保し、税務調査回避など納税者・課税庁双方の業務効率化に貢献します。
(3)未来会計の推進
経営者様の頭の中に描く「自社の今後あるべき姿」を所定の書式による経営計画書にて具現化し、会社構成員全体の意思統一そして金融機関など外部関係者からの信頼度の飛躍的向上に貢献します。
そして更に・・・

我が事務所は日本政府の「e-Japan」構想に基づく一大プロジェクトである「e-Tax電子申告」を100%実践しております。また電子帳簿や電子ファイリングなどペーパーレス化を推進し「地球に優しいエコ事務所」を目指しております。

お問い合わせはこちら

北海道全域対応!

相続コラム

北海道障がい者就労支援プログラム「アクション」に参加しています

このページの先頭へ戻る