生前贈与

生前贈与とは被相続人が死亡する前に相続人等に財産を渡すことで、相続税対策の一つとして行われることが多いようです。しかしながら、生前贈与の場合は相続税の代わりに税率が高い贈与税がかかりますので、さまざまな特例を上手に活用しながら行うこととなります。

そこで生前贈与を行う前に理解を深めておきましょう。

生前贈与とは

生前贈与を活用して相続税を下げるにはいくつかのポイントがあります。
そこで、まずはそれらのポイントを押さえておきましょう。

暦年贈与と連年贈与

年110万円の基礎控除額を上手に活用すれば相続税を下げることができますが、活用方法が計画的であると受けとられると生前贈与の特例が認められない場合があります。
そうならないために暦年贈与と連年贈与について理解しておきましょう。

相続時精算課税とは

親から子への贈与をスムーズにするようにという目的でつくられた制度です。
生前に贈与をした場合には贈与税が軽減しますが、その代わりに相続時には贈与された財産と相続された財産を足した額に相続税がかかるという制度で、活用した方が得か、活用しない方が得かは判断が分かれるケースが多いです。

お問い合わせはこちら

北海道全域対応!

相続コラム

北海道障がい者就労支援プログラム「アクション」に参加しています

このページの先頭へ戻る